FC2ブログ

Dvorak配列。

■タイプ伝説。
本日もキー入力伝説をお送りします。

★高校生ワープロ大会規則★
・いきなり県大会から。
・5人だか6人だかのチーム制。
・ひとりずつ、10分間の原稿を打つ。10分後次の人にバトンタッチ。
・ひとりにつきミスが10文字以上で、その人の得点は無効となる。

私は過去2回失格をくらったことがある。
つまり、ミスが10文字以上あればその記録はクズ。
最後の大会では私も失格にならず、総合3位までいった。


ということで本日の記録:1,177文字
ミス:1文字

速度が落ちた原因は昨日の文章に比べ、
「」がものすごく多かったから。


・えくしあの弱点。
明らかなキータイプミスはないが、左の力が非常に弱い。
右の速度が速すぎるため、左が追いついていない。
つまり、【SU】と打つ必要があるとき、【US】と打ってしまうことが多い。
より速度を向上させるには、左手の訓練をする必要がある。


そこで…無償にやりたくなったので先生を買ってきた。
先生、安くなったなぁ。


先生。
な、懐かしい。
私の先生は、ゾンビ打などではない。
特打2のマシンガン射撃訓練場である。
これはゲームではない、勝負だ。



■Dvorak配列。
普段、我々が使用しているPCキーボードは
QWERTY配列と呼ばれるもの。

高速タイプが必ずしもイイとは限らない。
昔の機器では早く入力しすぎて事故につながるケースもあったという。
QWERTY配列はキーをあまり早く入力できないように配置されているとも聞く。

昨日のだかねんのコメントにあったが、
そこでDvorak配列というものもある。
英語入力ならば確実にこっちの方が速いといわれている。


某後輩が実はDvorak派らしいが、
そんなマイナーすぎる配列に慣れて大丈夫なんか?
私は使ったことありません。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

えくしあ

Author:えくしあ
更新再開。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる