スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MechaGodzilla ?3式機龍?。

■9月12日金曜日
『ゴジラ×メカゴジラ』
『ゴジラ モスラ メカゴジラ 東京SOS』
以上2作品を借りてきた。

平成VSシリーズ好きのエクシアッシュ。
以前、2000ミレニアムとFINALWARSを観たことがある。
果たして、他のミレニアムシリーズは…?


■『ゴジラ×メカゴジラ』
1954年ゴジラはオキシンジェンデストロイヤーにより、殺される。
その後、日本にはたびたび巨大生物が現れるようになる。
1999年、ゴジラ再び出現。
日本政府は、海底から1954年に日本を襲ったゴジラの骨を引き上げ、
これをメインフレームとしてメカゴジラ『機龍』を開発。

ってなかんじで、初代ゴジラ以外の話をすべてリセット。
その代わり、昔の東宝怪獣映画と話が繋がっている。

ゴジラと他の怪獣が戦ってどうこうではなく、『巨大生物と戦う自衛隊』が描かれてる。
主人公の釈由美子は本作のために自衛隊に入隊したとか。
別タイトルつけるとしたら『女性自衛官成長日記』。

で、ゴジラといえば中尾彰。
平成VSシリーズではGフォースの司令官を勤めていたが、本作ではなんと内閣総理大臣。

全体的に『命』をテーマに描かれており、思っていたよりよくできてた。



■『ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS』
前述のとおり、東宝怪獣映画と話が繋がっており『モスラ1961』と深い関わりがある。
モスラに登場した学者が、キャストそのままに再び登場。

また、モスラ幼虫が双子だったり、幼虫がゴジラの尻尾に噛み付いたり、
糸でゴジラをしばったりと過去のモスラ作品のオマージュが多い。

個人的にモスラは平成3部作のグリーンモスラが一番好き。

空自のF-15が巨大飛行物体に遭遇する。
小美人が現れ人間に忠告する『ゴジラの骨を海へ返せ。死者を安らかに眠らせよ』。

前作が女性自衛官視点だったが、本作は機龍の整備士視点。
前作の主人公だった釈由美子は研修のため渡米するということで、前半にのみ登場。

普段ゴジラ映画は戦闘シーンが数回に分けて描かれるが、本作は1戦のみ。
そのため、やたら長い(笑

今回のテーマは『命』だったように思う。
ゴジラを倒すため、ムリヤリ蘇生させられた初代ゴジラ機龍。
そもそもゴジラを生んだのは人間の原水爆。
やはり人間こそが悪なのか?

ウルトラマン同様にヒーローものになったと感じていたミレニアムシリーズだが、悪くない。
そう思った。
ただし、戦闘シーンの迫力ではガメラ3のほうが上。

今度はガメラの金子監督が撮ったゴジラ、
『ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃』でも観ようかしら。
ここまできたら『×メガギラス』も観て、ミレニアムシリーズ制覇するか。。。


余談だが。
初代ガメラの際、自衛隊がとった作戦は『ガメラをひっくり返す』。
結局ガメラは飛べるので失敗に終わったらしいが。
ネズラといい、大映はやることが違う。
スポンサーサイト
プロフィール

えくしあ

Author:えくしあ
更新再開。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。