FC2ブログ

Year end party -明日はうたげ-。

明日は宴の予定。
まさか局長とともに、局長の故郷で飲むことになろうとは。
さすがは忘年会シーズン。数件回ってようやく予約できたわ。

さて、今年最後のみなみんとのおしゃべりを、楽しみにしておこうかね。


バイオハザードとアビスとガンダム、まとめて視聴しちゃる。
スポンサーサイト



Merry Christmas -めりくり-。

メリクリぃ。

結局、今年は第九コンサートに行かなかった。
来年こそは。。。


プレゼント。
みなみんサンタに、クリスマスプレゼントもらった。


プレゼントの中身。
帰って開けてみる。


プレゼントの中身の中身。
シャツとネクタイ。
ネクタイはピンクのラインがはいっててイイ感じ。
大切にしよう。。。帰ったら思い出して泣くかもな。



■バイオハザード ディジェネレーション。
バイオハザード。
レンタルしてくれないそうなので、買いました。ホントは明日発売だけど。
最近業界はBDに力を入れているのでしょうか、BDのほうが映像特典多いです。


バイオハザードの裏。
初回仕様はジュエルケースらしいけど、個人的にトールケースのほうが好き。
1と書かれたインデックスが貼られているが、この店の購入者1番?
はるか昔『biohazardブランドはGCにしか出しません宣言』があったのに、この映画もbiohazard。
ちなみに5はBIOHAZARD5。


早期購入特典マスク。
TSUTAYA早期購入特典マスク&グローブセット。
どんなのかと思ったら、手術かよ。。。
『resident evil』書いてるし。


レーベルがカッコいい。
レーベルが白くてカッコいい。



・ストーリー
ラクーンシティ消滅から7年。バイオハザード4から1年。
空港でTウィルスが漏れる事件が発生。
アンブレラ社の崩壊により、ウィルス兵器が出回ってしまったとバイオ5の予告にあるので、
こんかい漏れたTウィルスもその中のひとつだろう。
レオンとクレア空港を舞台に再び…三度ゾンビと戦う。

なぜか予告には『G』が出てたが?

結局このゲームの世界も、
実写映画のように全世界にTウィルスがばら撒かれる日がくるんじゃなかろうか。


バイオ5でホントに最終作なんですか?
シェリーは?スティーブは?アンブレラの復活は?始祖ウィルスは?収拾つくんですか?

Are you do eat or eaten? -食べる?食べられる?-。

■12月19日(金)
忘年会。深夜帰宅。
ボン太暴走。


■12月20日(土)
映画に行く。
クリスマスパーティ。
先輩が来る。試験前にやってたGC版バイオハザード再開。


■12月21日(日)
先輩とともに、1日中GC版バイオハザード。
ディスク2に突入。やっぱ怖いわ、GC版。


■12月22日(月)
先輩再び。
夜中までGC版バイオハザード。さよならタイラント。
あれ、レベッカと一緒に脱出したのは初めてかも。
2と3はグラフィックが荒いといわれ、コードベロニカスタート。
あぁ、バイオ5がやりたい。
しかし、Wiiで出るまでは買わない。
あのバイオ4がPS2でも動いたんだ。バイオ5はWiiでも動くさ!
もはやカプコンへの反抗。


■12月23日(火)
死人花読み終えた。
ここ最近、EXIA-3はゲーム機と化している気がするな。



ということで、夜はずっと手が離せず今日に至る。
話を12月20日に戻す。


街の風景。
映画に行ってきました。


街にて。
私が街でシャッターを押すとは珍しい。
街で見かけた定期演奏会のポスター。
時は12月24日13時より。
曲目に『篤姫メインテーマ』があったので、ものすごく行ってみたかった。
なぜ23日じゃないのだろうか?


映画館は以前紹介したとおり、小さな映画館。
スクリーンもシネコンとは比べ物にならないほど小さい。
天井も低く、どこか懐かしい。
イイ感じだ。100人座れるかどうかの座席は開始前にほぼ満員。
監督も登場。
監督、どことなくうちの御大将に似ている気がする。
クリエイターとはこういう顔になるものだろうか?


■ブタがいた教室。
仔ブタを1年間飼って、大きくなったら食べようという実話の授業を元にした作品。
育てているうちに、愛情がわき、ブタに『Pちゃん』と名前までつける子どもたち。
次第に食べる派と食べない派に分かれていき、ディベートが行われる。

食べない派の主張。
・かわいそう。
・食べることは殺すことと同じだ。
・いのちの長さは誰が決めるんですか?
・豚肉なんて一生食べなくていいから、Pちゃんを生かして。

食べる派の主張。
・じゃ俺たちが卒業したらどうするのか?
・他のブタを食べて、Pちゃんだけ食べれないのはおかしい。
・食べてあげることが責任。
・ブタは半年で食べられる、1年間生きたPちゃんは長生きしたほうだ。
・できることならPちゃんとずっと一緒にいたい。でもこうする他ない。
・養豚場で育てている人も、愛情を持って育てて、出荷している。


この子どもたちの台詞は全部脚本にないもの。
ディベートの脚本はすべて白紙であとは子どもたちにゆだねられた。

ディベート。この単語は大学時代のとある授業を思い出す。
それにしても、いい映画だった。


■映画のあとはそのままインタビュー。
・13年前にテレビでドキュメンタリーが放送されて、映画化したいと思った。
・いろんな映画会社を回ったが、子どもが主役?ブタ?なかなか実現できなかった。
・26人の子どもたちは1,300人の中からひとりずつ面接して絞った。
・撮影前は数回にわたり、ディベートを行った。
・26人の約半分はスーパーで並んでいる肉を本物だとは知らなかった。
・精肉工場に見学にも行った。
・180日間の撮影の中、子どもたちのブタに対する感情も大きく変わっていった。



■質問タイム。
最初に質問を投げたのはなんと養豚場で働いているお兄さん。

Q1.いい映画だった。残念なのは、映画は食肉用のブタじゃないのか?
そしてできれば生まれたところから描いて欲しかった。

A1.ブタはオーディションを行い、顔で選んでいる。
生まれたばかりのシーンも撮影したかったが、ブタの死亡率が高いため断念した。


次は小さなお子さんから。

Q2.ホントにあった話なんですか?

A2.そうです。


今度は女性からの質問。
この女性は夫が養豚場で働いているそうだ。
残念ながら、この質問と回答についてはあまり覚えていないため、割愛。

Q3.昔はブタがかわいそうで食べられなかった。
自分が食べないと、かわいそうだと思うようになり、食べれるようになった。
捕鯨問題についての質問が出される。

A3.


最後にもうひとり…とアナウンスされたところで、えくしあからの質問。

Q4.先月、うちで飼っていたペットが亡くなりました。
ちょうどその日、この映画の存在を知って見たくなりました。
動物の命をテーマにした話で、ペットのことと重ねながら見ていました。
いい映画でした。ありがとうございます。

話はそれますが、普段テレビを見ないので妻夫木聡さん、
今回この映画を観て、好きになりました。来年の大河ドラマが楽しみです。

会場笑

では、質問です。90年?93年に実際に行われたこの授業。
当時の生徒さんたちに取材を行ったかと思いますが、
この授業のことを今はどう思っていらっしゃいますか?

A4.あまり大きな声ではいえませんが、
ちょっと前までは9割方の人がもう思い出したくもないと話していました。

それが最近になって、
少しずつこの授業に対して正面から向き合おうとしている意見もでてきている。
中には先生になった子もいる。

僕は『食べる派』。

実際にこの授業を行った、黒田先生はとんでもない人。
僕だったら黒田先生の生徒にはなりたくない。映画の中の星先生の生徒になりたい。
でも、世の中を変えていくのはこういう、とんでもない人たち。


などなど。
たのしいインタビュー時間だった。


さらに、劇場を出ると入口に『緑の紙』と『赤の紙』が置いてある。
それでもブタを食べたいという人は『赤』を、食べたくないという人は『緑』を投票BOXにいれる。

私が投票したのは…『赤』。
映画に行く前は『緑』の気持ちだったが…
食べてあげるのが責任なんだと気持ちが変わった。
でも、実際に1年間も一緒だと感情が変わるんだろうなぁ。

いずれにせよ、子どもたちには一生トラウマになりかねない授業だが、
普段何気なく食べている肉に対し、改めて考えされられる。
そして『いただきます』も言えてなかった自分に気づく。


自然界では一般に起きていることだが、
こういう考え方をするのも人間だけか。
でも、意味なく命を奪うのも、人間だけ。。。


ブタがいた教室。
パンフレット買った。


裏側。
ノート風。


サインもらった。
サインもらった。
DVD化の際には、ぜひメイキングも収録してくださいと監督に話してきた。



帰ってクリスマスパーティ。
クリスマスパーティ。
ボン太が前からやりたいと行っていたので、クリスマスパーティスタート。


KFC祭。
チキン祭り。
まさに、今日観た映画のことを考えてしまう。


ケーキも登場。
全部、ボン太が準備してくれた。

ごちそうさまでした。



■12月22日深夜。
ボン太よ、人の部屋にコーヒーをこぼすとは…。

さらに。。。
ボン太よ、人がPC使っているっていったのに、
自分とこのエアコンつけっぱなしでドライヤーを使うとは…。
またブレーカー落ちた。

Innocent Aces -イノセン・テイセス- 

12月18日。
初代FFの発売日。

ってことで、20周年記念作品ディシディアファイナルファンタジー本日発売。

今回のお祭り、メチャクチャ楽しそうじゃないか。






そしてとんでもテイルズ、テイルズオブハーツ本日発売。


さっそく、お店で見てきた。

おぉ、入荷数が少ないのか売れまくっているのかわからんが、
テイルズハーツはCG版のほうが少ない。
やっぱCG版のほうが売れているんだろうな、目玉だしな!


あぁ、バイオ5、ヴェスペリア、スタシャン4、AC6ぜんぶWiiに移植せん?
画質落としていいから。



■イノセン・テイセス




てっきり、エースコンバットかと思っていたら、攻撃は機銃のみときた。
これはハードな闘いになりそうだ。


押井守次回作『宮本武蔵
いまだに押井守が好きになったわけではないが、次回は武蔵。
では見たいではないか。

時かけスタッフのサマーウォーズとヱヴァンゲリヲン:破と、夏は3大アニメ映画になりそうだ。

Two weeks -もすこし-。

16日。
タイムカードも裏側に突入。
そして今年も残り2週間。


復活するのだろうか?
最近のアロエくん。
復活する日はくるのだろうか?



昨日、映画館に行った。
最近多いシネコン型ではなく、小さな映画館。
こういうタイプのほうが懐かしくて好きなんだけどなぁ。

ブタがいた教室。
週末行ってくる。
レジで言われたが、その日は監督のトークショーもあるらしい。
おぉ、そういうの初めてだな!

前売券、2枚買って2,600円。
1万円を出し、おつりの6,400円を受け取る。

その場を離れつつ『ん?』と思い立ち止まる。
まもなく、レジのおねーさんが1,000円持ってきてくれた。



■アビスとガンダム観た。
・アビス
記憶を疑う前に、記憶に疑われてる。

・ガンダム
ダブルオー、またゴツくなるの?



そろそろ、27・28日の日程を考え始めるか。。。

Running the whole distance -完走-。

2008年12月14日(日)
実は航空祭は序章。
今日が本章。

出発の朝。
昨日雨が降ったおかげで、今日は晴れる。


『青島太平洋マラソンレポート』


9時15分スタート。

■完走タイム
ハーフマラソン約21キロ
時間 :2時間22分40秒


■走る前。
心配していた天候は晴れ。
2週間前に10キロ走ったときの足の痛みが残っており、ちょっと走るだけで痛い。
完走できるかが心配。


■走行中。
これまでは走っても夜の運動公園を孤独に走る。
今回はたくさんの仲間がいて幸せ。
自分より華奢な女の子も走っており、
名前も顔も知らない仲間の姿に励まされた。

しかし、途中からきつくなるのが長距離走。
もともと足が痛かったので、走行中は痛い痛い。
でも、高校生たちが一生懸命に応援してくれるんです。
これは途中では止まれない…そう思った。

晴れたおかげで後半の舞台、青島とトロピカルロードはものすごく綺麗だった。

ラスト最終折り返し地点を通過後、フルのトップ選手が帰ってくる。
『エリック・ワイナイナ』先日まで名前も知らなかったが、オリンピック銀メダリスト。
とんでもねぇスピードで抜かれていった。。。
あれが世界か。。。


■走り終えて。
まずは完走できたことの達成感。。。
かつて運動部への所属経験なし。
プライベートでもスポーツは絶対にやらない。
そんな自分でも、21キロ走れたことに感動。
ただし、同時に思ったのが今のままではフルマラソンは絶対にムリ。
まぁそもそも、今朝時点の人生で走った最長距離が10キロ(2回)なのだから。

完走直後は、かつて経験したことのないような足の痛みが(笑


■完走できた最大の要因。
今日声をかけてくれた…みんなの応援。
この応援があったから、止まることなく走れた(給水所除く)。

カメラを持って走り回った先輩と後輩にも感謝。

そしてなにより…
急に『マラソン出るわ』と無謀な挑戦を決意したボン太に感謝。

ヤツがいなければ、私は絶対にこのようなイベントには参加しなかった。
あちらはあちらで初挑戦のフルマラソンを完走しきった。大したヤツである。

最初は軽い気持ちで10キロを考えていたが、
それがハーフとなり自分にとって本当にイイ経験であり、イイ思い出となった。

来年、チャンスがあればまた来たいなぁ。

みんな…ありがとう!!


まだ紅葉チック。
まだ紅葉っぽいコース。


こんなとこ走った。
こんなとこ走った。


記念撮影。
記念撮影をば。


知事発見!!
知事発見。
フルのタイムは3時間40分台だったと思う。


みどりぃ。
終わって温泉。
夜はこんなライトで照らされている。
右上の白いのは、最近明るい金星か?
ヴェスペリア。


ここで何を創造するの?
恋人のメッカ。
創造の森って、ここでなにを創造するのだろうか?


完走証。
完走証。



その後、ボン太は夜の街へ消えて行った。
足が痛い痛いといいながら、エロマッサージですか。
…で、オレに車の運転なんぞをさせるか?
ドライブなんぞ興味ないんで、運転席に座ると無性にイライラするんだが…。

Previous night -前夜-。

受付に行ってきた。
今日雨が降ったおかげで、明日は晴れになったようだ。


会場。
会場。


時計。
時計。
アナログ時計よりはデジタル時計のほうが見やすかろう。


参加賞のTシャツ。
参加賞のTシャツ。
普段半袖なんて絶対に着ないし、明日はこれでイイや。


チャルメラーメン。
で、帰ってチャルメラ。
まごころラーメン500円。



■映画。
車内で映画の話。
ブレードランナーの話が出たが、同居人のふたりは主演はシュワルツネッガーという。
あれ、ハリソン・フォードじゃなかった?

調べてみたところ、ブレードランナーはたしかにハリソン。
ではシュワルツネッガーは…バトルランナーだった。

オック:『なんかですね、敵が進んでいくんですよ』
シーダ:『すすむ???』
ボン太:『とりあえずね、進んで行くんよ』

…意味が解らん。


来年の夏はアニメ版時かけのスタッフが再集結
新しい映画を作っているらしいので、そっちも楽しみ。



■年末の予定。
Faye、マメ太郎、局長が遊びに来るらしい。
考えてみれば、Fayeと局長は前に会ったことはあるんだよなぁ。
両者ほとんど覚えていないと思うが。。。

まぁ、このふたりが一緒に一緒に動くかはわからんが、
みんながついにこっちの世界に遊びに来てくれるかぁ。
みなみんにも連絡はしたし、あとは観光プラン。


年末が楽しみだ。

Meat -ブタのいた教室-。

マラソン当日は先輩が再び撮影班に。
ボン太には先輩がつき、シーダにはオックがつく。
自転車で先回りしての撮影を考えているようだが、果たして…!

HIGH SPEED EXLIMが欲しくなる。
ブルーインパルスも、ホラこの通り。



イルカ。



面白い。
ただ、900万画素と画素数は高くても決して鮮明でない画像が痛い。
3万差ほどの上位モデルだと、画像は鮮明でも倍率は12倍。。。
1月発表の新型を待ってみるのが妥当。



■映画。
一生に一度は経験しておきたい「ブタの丸焼き」を注文して思う存分食べてみました(GIGAZINE)
基本的に私は肉を食べないが、普段何気なく口にしている肉も口にするちょっと前までは生きた動物。
これを見ると、色々と考えさせられる。


そこで最近見たい映画。
ブタがいた教室。


小学6年生がブタを飼育して大きくなったらみんなで食べようという話。
犬が逝った日にこの映画の存在を知ったので、余計に見たくなった。
今年最後に映画として行く予定。


今後見に行く映画。
ドラゴンボールレボリューション

ターミネーター4

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破

になるんだろうなぁ。


スカイクロラのDVDの発売日が決定。
2月25日。
相変わらずバージョンに差がありすぎてがひどい…。

Restart Blog -シーダの駆け出しブログ-。

航空祭レポートも終わり、第九も行けない。
今年の大きなお祭りはこれで終わりか…。



陸の孤島へ飛ばされて、はや9ヶ月。

春の陽気。
新・えくしあ城を手にしたゴージャス生活は終わり、
絶望の淵から物語は再会する。


山道。
探検。


森林浴。
森林浴。


モアイくん。
モアイ。


勝利宣言!
負けた。


新・えくしあ城を離れた私は『えくしあ』ではない。
灰となったえくしあ…『えくしあっしゅ』となる。


F-14 トムキャット。
F-14。
20年ぶりともいえる親戚と再会。


なんもない。
夏の暑い日。
この直後、多形紅斑が再発。


じんぐう。
夏のビッグイベント。
多形紅斑も落ち着き、なんとかイベント達成。


もはや爆発。
帰省した際の花火。


えすてりーぜ。
えすてりーぜはぴんくかわいい。
だからピンクDSを買った。


スカイ・クロラ。
繰り返される物語。


日曜の午後っぽい。
試験勉強のため図書館へ。
この日、図書館に行かなければ、合格はなかった。


2008年の正月の写真。
この世の悲しみ。


ケーキ。
しかし、その先にはいいことも待っている。


紺碧の空。
そして…紺碧の空。
2年前の築城航空祭はあまりに悲惨だった。
思えばそのときにホンキで行こうかと考えていた新田原航空祭。
まさか、このようなかたちでやってこれるとは。。。



これまで、さまざまなことがあった。
もともと今年中だったが、そんな生活も本年度で終了する可能性が高い。

最後に大きなイベントをやろう。
当ブログでは公開していなかったが…

青島太平洋マラソン大会
『シーダ・エクシアッシュ』ハーフで出場予定。

21キロ。
この地での生活を振り返りながら、走りきる。
これは、自分との戦いである。


これが『シーダの駆け出しブログ』。
もはや、私は『えくしあっしゅ』ではない。


決戦は、12月14日(日)

The angel's dance 3-3 ?新田原航空祭2008レポート?。

さらにつづき。

続きを読む

The angel's dance 3-2 ?新田原航空祭2008レポート?。

つづき。

続きを読む

The angel's dance 3 ?新田原航空祭2008レポート?。

今年は築城には行かなかった。
まぁ、去年も行ったし。なにより開けっ放しの家の整理&HDDレコーダの整理をやりたかった。

そしてなにより…。

この日があったから。


新田原。
『新田原航空祭2008レポート』


■2008年12月5日(金)
社内会議。
航空祭に行くメンバー決定。
先輩+同期2名。そして私。
オックはお留守番。


■2008年12月6日(土)
ボン太『オレ、明日は6割くらいの確立で行かんわ』
もともと興味のないボン太、お留守番宣言。

オック『もちろん、家で待機しています』
そもそも外出に興味のないオック。こちらは確実にお留守番宣言。

明日は極限に寒いとの情報。
ボン太も行く気ないので、オープニングフライトは諦めみんなが動きやすい時間帯に。

それでも起床はいつもより早い6時に設定。
7時台には出発しよう。


■2008年12月7日(日)
最低気温は-1度。
一瞬行くのを止めようかと思ったほどの異常な寒さ。

だが、行ったさ。
まるで興味のなかったボン太をも無理やり巻き込んで行ったさ。
ボン太『行ってもたぶんオレは昼には帰るよ』

そして、昼からは快晴。
もはや文句のひとつもない、最高に恵まれた1日。
温度が低く空気も澄んでいるため、スモークもハッキリと見えることだろう。

すべては昨年を越えるため…。


総撮影枚数は443枚と過去最高。


それではレポート開始。

凍りつく車。
これは行く気もなくなる。
だが予定通り7時20分には出発。
9時前には余裕で近くまで着くだろう。あとは渋滞次第…。


湯気る河。
写真ではわかりづらいが、河が湯気ってた。


こんな感じ。
朝焼けだねぇ。


これから始まる…。
はにわ。これ撮ってるとき、懐かしい轟音が聞こえる。
見上げると遠くにF-4が。


足用ホッカイロ初投入。
あんまり寒いので、足用ホッカイロを初投入。
1足分と書いてたから2個買ったら、ちゃんとふたつ入ってた。。。


ばったもん。
途中で見つけた『ばったもん屋』。
ばったもん売ってるのか?ばったもん。


新田原付近に住む同期を回収。
ついでに駐車。上空をまた轟音が。
遠くて期待はわからなかったが、実際に基地にあった期待を考えるとT-4あたりだろうか。


湯気る溝。
湯気る溝。
9時前。これからバスで移動。
超渋滞で、10分で行けるところが40分以上かかった。

で、9時40分くらいに到着。


アグレス、飛ぶ。
早速、F-15が飛んでいる。
あれがアグレッサーか。


アグレス、ヴェイパー。
ヴェイパーの撮影に成功。


駆けるアグレス。
上がったアグレスは2機。


アグレス、お疲れ様。
お疲れ様?。


ファントム、飛ぶ。
続いて、上空で待機していたファントム3機。


パイロットは教官。
パイロットは教官らしい。


ファントム、お疲れ様。
ファントム、お疲れ様。


空飛ぶ洋上迷彩。
F-2は、築城基地からそのまま飛んできてくれました。
終わったら、そのまま帰っていきました。

ボン太も、もうひとりの同期も夢中になって空を見上げていた。
一方、シーダと先輩は完全に撮影班。
先輩はデジタル一眼と一脚を使用。
もともと、無線機まで持ってくるつもりだったとか。。。

私はいつものデジカメDMC-FX9で。

順番を待つ、ブルー。
出番を待つブルー。


順番を待つブルーの正面。
ボン太『見た目はそんなにカッコよくないね』
シーダ『まぁ、いうな。見たことないけど、私も機体は前使ってたらしいT-2のほうが好きだ』
とにかく、コイツが飛ぶところを見とけって。


ヘリは普段撮らないが。
普段ヘリはあまり撮らないが、今回は撮影。
このヘリが飛ぶ間『ニュルンベルグのマイスタージンガー』『木星』『ワルキューレの騎行』が流れていた演出がすばらしい。

とくにワルキューレをバックにヘリを見ると、ナパーム弾降ってきそうだ。



ということで、後半に続く。

The angel's dance 2 -新田原航空祭2008 先行レポート-

今年は築城には行かなかった。
まぁ、去年も行ったし。なにより開けっ放しの家の整理&HDDレコーダの整理をやりたかった。

そしてなにより…。


今日があったから。


にゅうたばる。
『新田原航空祭2008先行レポート』


2008年12月7日(日)
最低気温は-1度。
一瞬行くのを止めようかと思ったほどの異常な寒さ。

だが、行ったさ。
まるで興味のなかったボン太をも無理やり巻き込んで行ったさ。

そして、昼からは快晴。
もはや文句のひとつもない、最高に恵まれた1日。
温度が低く空気も澄んでいるため、スモークもハッキリと見えることだろう。

すべては昨年を越えるため…。


総撮影枚数は443枚と過去最高。
枚数が枚数のため、正式レポートは近日公開。


それでは一部を。

ハデないーぐる。
ハデなイーグルだ。


ブルーの接近。
接近するブルー。


ブルーの接近2。
今回残念な点はどうもレンズにホコリが付いていたようで、
ほぼ全ての空の写真に右に写っているようなホコリが入っている。


紺碧の空。
まさに紺碧の空。


今回は初の試みを多く導入。
・連続シャッター。
・オートブラケット(同じ写真を違う明るさで撮影)。
・すべて静止画(これまで飛行展示は動画に頼りすぎ)。


しかしブルーの最中にバッテリ切れ。。。
そろそろ、マイコンパクトデジカメの限界を感じた1日でもあった。
最大望遠だとそれなりに写るが、いかんせん荒すぎる。


まぁ、待っとけよ。
正式レポートをまぁ、待っときな!


次期カメラ購入の話も、そろそろ本格的にはじめたくなってきた。
高性能カメラといえば一眼レフ。
しかし、当方は前から一眼レフは眼中にナシ。

■理由
・重い。
・レンズ換えにハマったら、今の予算では手におえない。
・手入れが大変。

基本はコンパクトがいい。
軽いから。

狙っているのはコイツら。

リコー GX200
コンパクトデジカメの中ではかなりいい評判を聞く。
店頭で見たサンプル画像はとても綺麗だった。
しかし、対空を考えた場合、ムリ(笑
6万前後。

カシオ EX-F1
とんでも連写機能搭載。
スーパースローモーションで気持ち悪いくらいの映像も撮影可能。
現在の有力候補。名前もエクシア、エクシリムで似てるし。
画素数が600万画素と最近のカメラに比べると低め。
L判印刷できればいいんで、あんまり気にしないけど。
8万?10万。

カシオ EX-FH20
一眼レフと勝負っ!というコピーがなんとも素敵。
しかも光学20倍ズーム搭載。
高速連写もあり、スロームービーも撮れてコレ最強。
さらに安いところでは5万でくるという超良心的価格!
最有力候補?

ただ公式ページのサンプル写真見た感じでは、
EX-F1の方が好きな写真が撮れている(でもF1は光学12倍。対空を考えると…。

どちらにせよ、エクシリムなら航空祭もそれなりに撮れるだろう。
いまの腕ならこれで十分。
そしてスローモーションで戦闘機撮りてぇ。

3代目カメラを購入するころには一眼レフを検討する。
ただ、いくらコンパクトとはいえ、エクシリムを選んだ場合、ラーメンの写真とかは撮りづらいなぁ…。
そんときは通常撮影用にLUMIXの新型買う(笑
ピンクいし。

The angel's dance ?天使の舞?。

昨夜、おなじみの温泉に行っていた。
風呂の広さとしては、新・えくしあ城付近にある同名の温泉のほうが広かった。
風呂の種類はこっちのほうが多いけど。

そして昨日は早めに就寝。
冬は夢を見ることが多い…。
今週はほぼ毎晩何かを見ていたような気がする。

今日は忘年会の夢。
髪型こそ違っていたが、ひとりだけありえない人物が。
最近、連絡もとっておらず何をしているかも知らないのだが、これは願望か?
夢を見たあとの暇な休日とは、なんとも空しい。


そしていつもにまして、寒い。
今日は雪が降るところもあったようだ。


明日はもっと寒いようだ。
そんな中、私は天使の舞を見てくるとしよう。
私はここにいる。

Cherubic ?ケルビム?。

今日の朝礼にて。

この前、サザエさんについて考えていました。
サザエの弟に磯野カツオというのがいますが、彼が好きなのがカオリちゃん。
もし、もしもですよ…。

このふたりが結婚するようなことがあれば、
カオリちゃんは『磯野カオリ』になるんだと、そこで初めて気づきました。

以上。



■第九コンサート。
12月23日が近づいている。
ケルビムが舞い降りる、年末第九コンサート。

行きたい。
行きたいのは山々だが、、ここから第九コンサートに行くために必要なもの。
・有休1日。
・予算15,000円以上。

しかし、今月は飲み会が多すぎる。
いよいよあきらめモードか?帰ったら月イチクラシックでも行くか?
そもそも、なぜこっちじゃやってない…。


ということで、年末クラシックモード。

この前、みなみんとクラシックの話をした。
それなりに知ってるようで、むしろラデッキー行進曲の童謡があったことを初めて聞いた。

Comparison ?絶品VSノーマル?。

今日の夕食は絶品チーズバーガー。
せっかくなので、ハンバーガーも買ってみた。

初めて食べるロッテリアのハンバーガー。
いざ、勝負!

・ハンバーガー 100円。
基本構造はマックと同じ。
ピクルスはマックオンリーだと思っていたが、ロッテリアにも入ってた。
厚さもマックとさほど変わらず。
となれば、スピードも価格もマックのほうが上?
まぁ、マックのノーマルハンバーガーはケチャップ味が強すぎるが。


・絶品チーズバーガー 360円
まず、パンズからして素材が違う。
使っているハンバーグが違う。
使っているチーズが違う。

すべてのバーガーども、この絶品の前にひれ伏すが良い。

ってな感じで勝負あり。


うますぎるぞ。
絶品チーズバーガー。

Correction ?修正?。

■画像の編集。
お犬様のビデオを作製するには素材が必要である。
しかし、最近撮った写真ならばまだ見れるようになったものの、昔撮影した写真は暗い。
また、デジカメ所持以前の写真は旧オンボロケータイによるものなので、画像が小さく荒い。

ちょいと修正してみた。


犬9。



EL-犬9。
今のケータイサイズにサイズ変更。
ちょっとボカすことで、ノイズ軽減。
お、意外と綺麗になるな。


犬10。



EL-犬10。
こちらも。
ただこっちは上記の画像に対し、複雑な情報が多いため、ボカしたことにより毛並みが消えちまった。

いっそこのままL版印刷可能なサイズまで引き伸ばし、印刷かけてみようか。



■現在視聴中。
実質、篤姫も見ておらず。。。
だんだんも見ておらず。。。
現在唯一見れているのが以下の2作。

だんだんってどんな感じなんかなぁ。
芋たこ、とてちんの傑作続きの大阪製作だが…。


・アビス。
ひとつ分の陽だまりに、ふたつはちょっと入れない。
俺は悪くねぇ!
ルークが一番の被害者だとも思えるが、その罪は大きい。
アニメ版でもよく描かれていたと思う。
本作を見ることで、カルマの歌詞のすばらしさを改めて感じている。


・ガンダム00。
あっさりとティエリアの正体がバラされ、予想通りイノベイター。
ただ、ティエリアは何も知らなかったみたいだが。
遺伝子操作により老化を防いでいるわけね。


クローン、人殺し、贖罪。意外と共通点多いかもしれないこの2作品。

Autumn tint ?紅葉を見に行こうよう?。

昨日の話。
まもなく12月なので、紅葉を見に行ってみた。

秋の色。
結構色づいてますなぁ。
写真はまた今度貼ろうと思う。


今回は微妙に鹿児島スイッチ入っており、坂本龍馬やらが入ったらしい温泉街に行ってきた。
帰ったのが0時くらい。

TSUTAYAで冒険彗星のCDを見つける。
今回は買わず。

ボン太がカラオケ行くいうので行ってみる。
3ヶ月ぶりくらい。

まずは睡眠時間。銀河鉄道と、静かな曲を。
めずらしく天体観測とか。

名前が似ているので冒険彗星とやらを入れてみるが、まったく覚えていないためPV視聴。
Fayeが時かけ(アニメ)に似ているとか言っていたが、そんな演出もあるだろう程度に思っていた。

PVでは自転車1回転してるし、街中で人が止まっているし、時かけ(アニメ)にしか見えない。
初めて歌詞も読んだが、生まれた意味だとか、カルマっぽい話もあるし。

今度CD買ってこよう。



■ゴジラ。
11月も終わり。
11月3日の初代ゴジラ封切りから続いていた、
平成ゴジラリレー視聴も本日のVSデストロイアをもって終了。

・VSメカゴジラ
小さい頃何度も見たゴジラ。
今見てもある程度は台詞を覚えていたほど。。。
主人公の青木一馬はいいキャラしてます。
本作品でついに三枝未希はパイロットに。

・VSスペースゴジラ
映画館で見なかったためか、印象が薄かったが、福岡の街が結晶だらけになるなど
面白い演出で楽しめた。
そして、服部隆之音楽はカッコいい。
三枝さんがショートになってイメージが変わっちまった…。

・VSデストロイア
ゴジラの住んでいたバース島が核爆発を起こし、火龍と化したゴジラ。
同時刻、42年前に使われたオキシジェンデストロイヤーの影響で、微生物が進化し巨大生物となる。
ゴジラの核爆発を止めるには、過去ゴジラを葬ったオキシジェンデストロイヤーしかない。。。
しかし、暴走したゴジラの前にはオキシジェンデストロイヤーすら無力。
人間の生み出した核の力は、生物をここまで進化させた。

最後はゴジラの放射能を吸ってジュニアが完全にゴジラ化するが、
このゴジラこそ、ミレニアムゴジラなのかそうではないのか…。

三枝未希はVSメカゴジラっぽい髪型に。
VSビオランテから登場していた彼女(この頃はエスパー女子高生でした)の役目もこれにて終了。

初代ゴジラのヒロインがそのまま登場。
主人公の息子や娘も登場と、完全に初代の続編。

今月の総まとめにふさわしい内容であった。
プロフィール

えくしあ

Author:えくしあ
更新再開。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる